sub09g

撮影:2013-04-08

第九番札所  興福寺 南円堂 

 

INDEX・TOPヘ

散 華
宗派 法相宗大本山
 天智天皇8年(669)に藤原鎌足が造立した釈迦三尊像を安置する為に、夫人の鏡女王
が京都山科の私邸に建てた「山階寺(やましなでら)」を始まりとする。
その後飛鳥廐坂の地に移し「廐坂(うまやさか)寺」と称した。
都が平城京へ移されるに及んで、平城京左京三条七坊のこの地に移し「興福寺」と
改号し、創建の年を和銅3年(710)とする。
その後天皇や皇后、また藤原氏の人々の手によって次々に堂塔が建てられ整備された。
奈良時代には四大寺、平安時代には七大寺の一つに数えられた。
特に摂関家藤原北家との関係が深かったために手厚く保護され、寺勢はますますさかん
になった。
御影
御詠歌
御本尊 不空羂索観世音菩薩
開基 藤原 冬嗣
創建 弘仁4(813)年
御真言  おん はんどま だら あぼきゃ じゃやでい そろ そろ そわか

御宝印

 

 

inserted by FC2 system