sub17g

撮影:2013-07-09

第十七番札所   補陀洛山 六波羅密寺
六波羅蜜寺は、天暦5年(951)醍醐天皇第二皇子光勝空也上人により開創された西国第17番の札所である。
 当時京都に流行した悪疫退散のため、上人自ら十一面観音像を刻み、御仏を車に安置して市中を曵き回り、青竹を八葉の蓮片の如く割り茶を立て、中へ小梅干と結昆布を入れ仏前に献じた茶を病者に授け、歓喜踊躍しつつ念仏を唱えてついに病魔を鎮められたという。
(現在も皇服茶として伝わり、正月三日間授与している)
 現存する空也上人の祈願文によると、応和3年8月(963)諸方の名僧600名を請じ、
金字大般若経を浄写、転読し、夜には五大文字を灯じ大萬灯会を行って諸堂の落慶供養を盛大に営んだ。これが当寺の起こりである。
創建 天暦5年(951)
宗派 真言宗智山派
開基 空也上人
御真言  おん ろけい じんばら きりく そわか
散 華
御影
御詠歌

御宝印

INDEX・TOPヘ

 

御本尊 十一面観世音菩薩

 

inserted by FC2 system