sub32g

撮影:2013-12-06

第三十二番札所  繖山 観音正寺

INDEX・TOPヘ

宗派 天台宗(単立寺院)

寺伝によると、往古、聖徳太子がこの地に来臨された折節、紫雲たなびくこのお山をご覧になって「これぞ霊山なり」とおぼしめし、太子自らが千手観音の像を刻み、堂塔を建立されたのが、当寺の縁起であるという。
以来、太子が近江国に創建された十二箇寺中の随一の寺院として、湖東地方に勢威を振るってきた。 ところが、応仁・文明の乱に際し、近江国守護職・佐々木六角氏がこの山に居城を築いたため、寺は兵乱に罹(かか)ったり、山麓に移されたりするなど苦難の路を辿(たど)ることとなった。
その後、永禄十一年(1568)、織田信長により六角氏が滅ぼされたため、慶長二年(1597)、再び山上に堂塔が営まれることとなったが、往時をしのぶべくもなかったようである。

御影
御詠歌

御宝印

御本尊 千手千眼観世音菩薩            三尊一体 
創建 推古天皇13年(605)
散 華
御真言  おん ばさら たらま きりく  

 

 

inserted by FC2 system