sub37g

撮影:2014-04-09

番外  定額山 元善光寺
御真言  おん あみりた ていせいから       うん

INDEX・TOPヘ

 

宗派 天台宗
御影

御宝印

御本尊 一光三尊阿弥陀如来        (善光寺如来)

元善光寺縁起

開祖 本多善光
推古天皇十年に信州麻績の里(現在の飯田市座光寺)の住人、本多善光卿が難波の堀から一光三尊の御本尊様をおむかえしたのが元善光寺の起元で、その後皇極天皇元年にその御本尊様は現在の長野市へ遷座され、できたお寺が善光卿の名をとって「善光寺」と名付けられました。
それから飯田の方の当山は勅命によって、木彫りで同じ御尊像が残され「元善光寺」と呼ばれるようになりましたが、仏勅によって「毎月半ば十五日間は必ずこの麻績の古里に帰りきて衆生を化益せん」というご誓願を残されたとのことで、長野の善光寺と飯田の元善光寺と両方にお詣りしなければ片詣りと昔から云われるゆえんであります
創建 推古天皇10年(602)
御詠歌  一度詣れよ元善光寺   善光寺だけでは片詣り

 

inserted by FC2 system